ガンプラ好房

HGUC MG 1/144から 1/100までガンダムマーカーがあればガンプラは素組みだってここまでできる
 
 
NEW & Gallery
P1018919hggbl.jpg P1018737hggblre.jpg P1018611MS05S.jpg P1018571hgucgta.jpg P1018483hgucgca.jpg

最近の完成品レビューです

画像をクリックするとご覧になれます


ギャラリー ↑ギャラリーはこちら
リンク
カテゴリ
最新コメント
GUNPLA(amazon)

MG.jpg

HGUC.jpg

RG.jpg


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGガンダムバルバトスルプス 

P1018888hggbl.jpg
HGガンダムバルバトスルプス レビュー
↑画像クリックするか
↓続きをクリックするとご覧になれます

P1018840hggbl.jpg
デュアルアイセンサーはシールが付属しますがリミッター解除時のイメージでメタレッドで塗装
両肩の赤いパーツのイエローはガンダムイエローで塗装
ハンドパーツの指先の白はガンダムホワイトで塗装

P1018843hggbl.jpg
頭部アンテナはエッジを切り落としシャープに成型
両肩の鉄華団マークは成型色で色分けされています
前腕部のパーティングラインは目立つ感じです

P1018846hggbl.jpg
腰部サイドアーマーの正面のダクト状のディテールはシールが付属しますが
ガンダムマーカーZガンダムベーシックセットのZブルー3とフレームガンメタリックで塗装
大腿部の四辺形はフレームガンメタリックで塗装(ここは本来は塗装する必要はありません)
膝の三角形(五角形?)はメタグリーンで、ふくらはぎのスラスター、つま先をフレームガンメタリックで、踵をレッドで塗装
膝のグリーン、ふくらはぎのスラスター、踵は付属のシールでもカラーリングを再現できます

P1018849hggbl.jpg
バックパック上部中央のダクト状のディテールと左右のブロックをフレームガンメタリックで塗装
両サイドアーマーの後面もZブルー3とフレームガンメタリックで塗装
オルフェンズマーカー付属のブルーは明るめのブルーで胸部パーツなどのブルーとは合わずZブルー3を使用しています
ちなみにスラスター部分のみですが付属のシールでカラーリングを再現できます
ちらっと見える足裏もパッケージを見るとフレームカラーになっているのでここもフレームガンメタリックで塗装
スミ入れはホワイト部分はグレーで、ブルー、レッド部分はブラックで、イエロー部分はブラウンを入れてあります

P1018910hggbl.jpg
鉄血のオルフェンズMSオプションセット5付属の腕部200㎜砲とツインメイスを装備
手首は若干角度のついたものも左右付属します(これはバルバトスルプス本体に付属します)

P1018913hggbl.jpg
200㎜砲は前腕部後面の穴(ハードポイント)に取り付けます

P1018837hggbl.jpg
フル装備

P1018889hggbl.jpg
ソードメイスは2パーツ形成

P1018920hggbl.jpg
ツインメイスは保持力はほぼなくハンドパーツの中でスルスルと動いてしまいますが位置の調整はしやすかったです

P1018931hggbl.jpg
200㎜砲は前方に180度回転させることで射撃形態に

P1018882hggbl.jpg
鉄血のオルフェンズMSオプションセット5付属の平手パーツを取り付けてあります
オプションセットには左右分付属しますが手背のパーツはフレーム色でシールを貼るようになっています
ルプス付属のハンドパーツを無改造で取り付けることができるのでそれを使用しています
指先はガンダムホワイトで塗装してあります
この画像でようやくデュアルアイのレッドが見えたように思います

P1018923hggbl.jpg

P1018933hggbl.jpg

P1018886hggbl.jpg

P1018926hggbl.jpg

P1018947hggbl.jpg

P1018940hggbl.jpg

以上HGガンダムバルバトスルプスでした
カラーリングの再現度などが売りだったように思いますがシールがかなり多め…この辺はHGなので仕方がないということでしょうか
ということで一応、シールも試していますが腰部のサイドアーマーやふくらはぎのスラスターなどは、よれてしまいうまく貼ることができず剥してしまいました
付属のシールをきれいに貼る方が難易度が高いように思いやはりカラーリングの再現は全て塗装を選択しています
デュアルアイだけはシールでもいいかなと思ったのですがせっかくなのでハシュマル戦でのイメージで塗装しています(あまり目立ちませんでしが)
大腿部上部の四辺形の部分は本来は色は入らないようです(間違って塗ってしまい後で確認しました)
しかし他の形態とのつながりを考えたらここにフレーム色が入っていても良いのではと思いそのままとしました
オルフェンズマーカー付属のブルーは従来のガンダムブルーなので明るすぎて胸部パーツなどのブルーとは合わず
Zガンダムベーシックセットに付属するZブルー3を使用してみたところ丁度良い具合に仕上がりました(なんとかなるものです)
前腕部や腰部サイドスラスターなどのパーティングラインが気になるところですが
肩の鉄華団マークなどもパーツ分割で色分けが再現されているのは素組モデラーとしては非常にうれしいところ
可動も肩の可動範囲が広く武器を構えたポーズがカッコよく決まるので動かしても楽しいです
バルバトスルプス本体にはソードメイスしか付いていないのでオプションセットも追加で購入すれば別形態も再現できます
冒頭でも触れましたがシールでのカラーの再現は正直きびしいものがありましたが
オプションセットが充実していたりプレイバリューについてはHGとしては非常にレベルが高い商品かと思います
低価格でこの内容なら1度は作ってみても良いのではないでしょうか
コメント
明らかに私の感覚がおかしいのですが、主人公機として物足りなさを感じてしまいました。
ルプスレクスに慣れてしまうと、どうにも大人しく見えますね。
実際は大人しいデザインではないと思うんですが、なんかシンプルに見えちゃいます。
びっくりしております。

ソードメイスが良いですね。
下から4枚目のサンライズな感じが非常に好きです。
何回か大きな武器で試してみたんですが、イマイチな写真しか撮れませんでした。
構図など参考にさせて頂きます。

あ、フレーム色、そのままにしたんですね。
全然違和感ありませんです。
まーくさんへ
私も同様に物足りなさを感じてしまいました
ルプスレクスのデザインはやっぱりインパクトが強かったというこでしょうか
それでも劇中の活躍はかなり印象的だったんですけどね
ポージングでその辺が補えればと思ったのですが…

大腿部のフレーム色は色を落とすのも面倒だったしそままとしましたが
違和感無くまとまっているかと思います
結果これで良かったのかなと
















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://zzx82grj0.blog105.fc2.com/tb.php/1020-04ccd07f
ただいま作成中!

20150824_altrongundam_02.jpg

MGアルトロンガンダムEW作成中!


fc2rank.gif
公式Web
プロフィール

くろしば

Author:くろしば
ファースト、Z世代。
数年前にガンプラに復帰。
素組みでもここまでデキる!。難しいこと一切抜き!基本ガンダムマーカーとニッパー、ときどきデザインナイフ。ガンプラが難しいと感じている方、作りたいけど時間がない社会人、みなさんの心のハードルを下げます。さぁ、あのころのニュータイプたち、ニッパーを片手に立ち上がれ!。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。