ガンプラ好房

HGUC MG 1/144から 1/100までガンダムマーカーがあればガンプラは素組みだってここまでできる
 
 
NEW & Gallery
P1018919hggbl.jpg P1018737hggblre.jpg P1018611MS05S.jpg P1018571hgucgta.jpg P1018483hgucgca.jpg

最近の完成品レビューです

画像をクリックするとご覧になれます


ギャラリー ↑ギャラリーはこちら
リンク
カテゴリ
最新コメント
GUNPLA(amazon)

MG.jpg

HGUC.jpg

RG.jpg


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGガンダムバルバトスルプスレクス 

P1018737hggblr.jpg
HGガンダムバルバトスルプスレクスレビュー
↑画像をクリックするか
↓続きをクリックするとご覧になれます

P1018741hggblr.jpg
デュアルアイセンサーは付属のシールを使用
頭部はパーツで色分けされており塗装の必要はありません
アンテナの先端のエッジは切り取ってシャープに成型

P1018744hggblr.jpg
胸部の鉄華団マークはパーツで色分けされています
両肩のブルーのパーツ、手足の爪のイエローはガンダムイエローで塗装
イエローのパーツの成型色は若干オレンジ寄りなのでマーカーの色味とは合わないです
前腕部装甲部分(白いパーツ)のメカ色はフレームガンメタリックで塗装
腰部サイドアーマーのメカ色もシールが付属しますが同様にフレームガンメタリックで塗装してあります

P1018747hggblr.jpg
大腿部上部の四辺形のディテールはメカグレーで塗装
膝上部の三角形(五角形?)のディテールはシールが付属しますがメタグリーンで塗装
膝下部のダクト内部はフレームガンメタリックで塗装
スミイレはホワイト部分はグレーで、ブルー、レッド部分はブラックで、イエロー部分はブラウンを入れてあります

P1018750hggblr.jpg
バックパックはフレームカラー1色なのでホワイトで塗装
ホワイトはガンダムマーカーアドバンスセットのガンダムニューホワイトを使用
画像では分かりにくいですが本体色のホワイトは若干グレーがかっているので色味が違います
テイルブレードのイエロー、メタリックグリーンの部分はシールが付属しますがマーカーで塗装
ふくらはぎのスラスター、踵もシールで再現できますがここもそれぞれフレームガンメタリック、レッドで塗装してあります
仕上げにトップコート半光沢を吹き付けてあります

P1018789hggblr.jpg
超大型メイスは専用の接続パーツで腰部リアアーマーに取り付け可能
メイスはグリップを伸縮させることができます

P1018786hggblr.jpg
両前腕部にサブアームが内蔵されています

P1018793hggblr.jpg
超大型メイスは立てると1/100のキット程度の高さになります

P1018796hggblr.jpg
ハンドパーツは左右それぞれ武器保持用の握り手と平手が付属します
メイスがハンドパーツの中で回転したり滑ったりすることなく安定して持たせることができました

P1018829hggblr.jpg
レクスネイル
先端は丸まっているので雑誌の作例のように先端を尖らせると良いかも
前腕部には200㎜砲が内蔵されているようですがディテールはありません
テイルブレードの分離はリード線で再現

P1018809hggblr.jpg
肩、肘、手首はポリキャップでの接続ではなく硬めに設定されているようでメイスを構えても垂れ下がることはなかったです
ただ、自立させるのにバランスをとるのは大変ですが・・・

P1018832hggblr.jpg

P1018816hggblr.jpg

P1018812hggblr.jpg

P1018826hggblr.jpg

P1018781hggblr.jpg

以上HGガンダムバルバトスルプスレクスでした
主人公機でありながら完全に人型から外れたデザインは名前のとおりまさに獣といった感じ
200㎜砲やサブアームが内蔵されて肥大した前腕なんかはやはり好き嫌いが分かれるところかと思います
キットの方はHGということもあり塗装箇所がかなり多めです
カラーリングシールも多数付属するのですが塗装が必要な箇所全てが補完されるわけではないので塗装も必要になります
中でもバックパックの塗装はマーカーではさすがに難しいなと感じました
初めてアドバンスセットのホワイトを使用してみましたがやはり簡単に、とはいかず今回は筆塗りをしています
隠ぺい力が強化されているとのことですがさすがにダーク系の成型色のパーツに塗るのは難儀で3~4日は繰り返し塗っていました
また手足の爪も塗装していますがこの辺は塗り分けの難易度もかなり高めかと思います
基本的にめんどくさがりなのでシールで仕上げてしまおうと思い一応試しに貼ってみましたがふくらはぎのスラスターなどは
よれてしまいうまく貼ることができず結局塗装しています
もちろんマーカーで塗装する必要はないわけでちゃんとした道具(ラッカー塗料やエアブラシとか)を使えばそっちの方が簡単かもしれません
他には腰部のアーマーや踵などの肉抜き穴の多さが気になりましたがこの辺はHGなのでしょうがないところかも
造形的には各パーツもシャープで(一部要成型ですが)ディテールも多めに入っているので見応えもあります
超大型メイスの取り回しにくさはありますがテイルブレードもリード線で再現できたりプレイバリューも高いです
素組でシールを貼る簡単仕上げだとちょっと物足りなさを感じますが塗装するとなるとちょっと難しいキット
でも尖がっていて異形感のあるバルバトスの最終形態はやっぱり欲しいです

コメント
今明かされる驚愕の新事実!栗じゃなかった!?
じゃなくて。
バルバトスメカグレーなんてあるんですか?
前腕には200㎜砲やサブアームが内臓されてるんですか?
見ていないとはいえ、勉強不足です。
すみません。

片手でメイスを構えている画像が秀逸です。
こういうポーズをとらせたいと思うんですけどね。
左手がイマイチ決まらない事が多いです。
参考にさせて頂きます。

にしても、主人公機とは思えないデザインですね。
個人的にはとっても好きです。
早く買わないと。
ってか早く見ないと。
まーくさんへ
大変申し訳ございません
訂正させてください
フレームガンメタリックでした
何と見間違えたんだろう…
鉄血のオルフェンズマーカーに入っています
ちなみにガンダムマーカーベーシックセットにも
ガンメタリックが入っているようです

バルバトス本体はよく動くのですが
メイスが大きすぎてポーズは本当に決めにくかったです
こんなんでよろしければ参考にしてくださいませ

当初はさすがに違和感あったんですけどね
動いているのを見ると不思議と納得してしまうというか
これはこれで完全にありでした

フレームガンメタリックという名前だったんですね。
それでも、やっぱり驚愕の新事実!です。
鉄血のオルフェンズマーカーなんてセットが発売されてるんですか?
もしかしてレコンギスタとかAGEとかのセットもあったんでしょうか?

ガンダムマーカーはバラ売りしているのをよく見かけます。
新色出ないなと思ってました。
違うんですね?
進化してたんですね?
セットもチェックするべきだったんですね?
やっぱり勉強不足でした。

まーくさんへ
AGEセットは発売されていたとは思いますが
レコンギスタはなかったように思います
今回のはガンメタリック以外のブルー、レッド、イエロー
などは基本的にばら売りされているものと同じです
SEEDダークブルーなどもよく使うのですが
これもセットでないと手に入らないので
こういったカラーをばら売りしてほしい
1色だけ特殊な色が入っているのは
セットで買わないといけないというデメリットもあります
素直に水性orラッカー塗料を使用した方が良いのかもしれません














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://zzx82grj0.blog105.fc2.com/tb.php/1019-3db099e2
ただいま作成中!

20150824_altrongundam_02.jpg

MGアルトロンガンダムEW作成中!


fc2rank.gif
公式Web
プロフィール

くろしば

Author:くろしば
ファースト、Z世代。
数年前にガンプラに復帰。
素組みでもここまでデキる!。難しいこと一切抜き!基本ガンダムマーカーとニッパー、ときどきデザインナイフ。ガンプラが難しいと感じている方、作りたいけど時間がない社会人、みなさんの心のハードルを下げます。さぁ、あのころのニュータイプたち、ニッパーを片手に立ち上がれ!。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。