fc2ブログ
 

ガンプラ好房

HGUC MG 1/144から 1/100までガンダムマーカーがあればガンプラは素組みだってここまでできる
 
 
New Work & Gallery
IMG_1320hgucjrg1.jpg IMG_1280hggcb1.jpg IMG_1121hggare.jpg IMG_1014mgf902.jpg IMG_0908hgfagtbv.jpg

最近の完成品レビューです

画像をクリックするとご覧になれます


ギャラリー ↑ギャラリーはこちら
GUNPLA(amazon)
リンク
カテゴリ
最新コメント

HGフルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.) 

IMG_0908hgfagtbv1.jpg
HGフルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)
↑画像をクリックするか
↓続きをクリックするとご覧になれます

IMG_0881hgfagtbv.jpg
頭部センサー、デュアルアイセンサーは付属のシールを使用しています
頭部の両脇のダクト、両肩・上面の凹モールドはSEEDダークブルーで塗装
2連装ビームライフルのライン、腰部・中央のVマークはガンダムイエローで塗装
シールドの裏面(×4)はガンダムグレーで塗装
膝のスラスターは周囲をジオン軍セットのシャアレッド、中央をSEEDダークブルーで塗装
マーカーのキャップの色味は他のスラスターパーツのレッドに近かったのですが実際に塗ってみると薄い感じになりました
背部に重量がありますが自立させることができます

IMG_0883hgfagtbv.jpg
マーキングは全て付属のシールを使用しています
シールド表面のオレンジの部分、腰部アーマーの上端のホワイトの部分は付属のカラーリングシールを貼ってあります
墨入れはホワイトの成形色のパーツをスミ入れペン、流し込みスミ入れペンのグレーで
レッドの成形色のパーツ、関節部のパーツにスミ入れペン、流し込みスミ入れペンのブラック、リアルタッチグレー3を使用しています

IMG_0885hgfagtbv.jpg

IMG_0887hgfagtbv.jpg

IMG_0889hgfagtbv.jpg
バックパック各部のスラスターは周囲をシャアレッドで中央をSEEDダークブルーで塗装
バックパックは全てホワイトの成形色になっているので中央ブロックの下部分をガンダムグレーで塗装
6角形のバーニアの円形の部位は内部をSEEDダークブルーで塗装してあります
ビームサーベルのグリップはバックパック左右にあります

IMG_0895hgfagtbv.jpg
専用のディスプレイベースが付属します
接続部が可動し角度を付けることができます

IMG_0940hgfagtbv.jpg
サブアームを展開させたパーツが左右分、付属しシールドを装備することができます
サブアームは下側に肉抜き穴があります

IMG_0905hgfagtbv.jpg

IMG_0897hgfagtbv.jpg
右手は2連装ビームライフル、左手はロケットランチャーです
ロケットランチャーにはライトグレーのラインがありシールが付属しますがMGに倣いそのままにしています
ビームライフル、ロケットランチャー用のハンドパーツが左右分付属します
大きめの武装ですが肩、肘関節ともに十分な保持力があり無理なく構えることができます
大型ビーム砲、ミサイルポッドも可動し角度を変えることができます

IMG_0899hgfagtbv.jpg

IMG_0911hgfagtbv.jpg
ビームサーベル
グリップ、ビームパーツともに2本分付属します
ビームパーツは1/100サイズでかなり大きめです

IMG_0913hgfagtbv.jpg

IMG_0907hgfagtbv.jpg

IMG_0923hgfagtbv.jpg

IMG_0903hgfagtbv.jpg

IMG_0938hgfagtbv.jpg

IMG_0936hgfagtbv.jpg

IMG_0909hgfagtbv.jpg

IMG_0932HGFAGTBV.jpg

IMG_0934hgfagtbv.jpg

IMG_0928hgfagtbv.jpg

以上HGフルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)でした
TVエディション放映時に再販があり幸運にも購入できました(サイコザクは買えませんでした)
映像を見てほしくなる・・・という典型ですね
コミックは読んでいなかったのですが(後に22巻まで読みました)
迫力のある戦闘描写とそこにジャズのBGMが相まってすっかりお気に入りに
ジャズの要素はやっぱり重要なのでアニメで体験した方がいいかなと思います
ただコレ個人的にはファーストガンダムと同じ時間軸に存在するのかパラレルな世界のストーリーなのか個人的に悩んでいます
キットの方は巨大なバックパックやサブアームなどで元祖フルアーマーガンダムとはまた違った印象となっています
部分塗装が必要な箇所がかなり多いですがその辺はほぼカラーリングシールで補うことができます
完成時の見映え、立体感などを考慮し凹凸のある部分、スラスター関係は塗装して仕上げました
シールド表面のオレンジは水性カラーで塗装を試みましたがうまく塗れず断念してカラーリングシールにしています
スミ入れは肩やふくらはぎ、バックパックなどのバーニアの周囲や肘、膝関節のシーリングなど
やり始めてしまうと後には引けず完全に沼にはまってしまいました
各部のマーキングシールは一見すると数が多い印象ですが程よい情報量の追加になると思います
関節はポリキャップでの構成、可動になっていて保持力も十分で重量のある武装も関節が負けることなく構えることができました
関節のシーリングもラバーパーツなんかだと反発力で関節が保持できなかったりするのでこれがで正解だったかなと思います
サンダーボルト系のMSに見られるサブアームですが左右にシールドを追加することで迫力のあるシルエットになります
コミック未読だったころはサブアームとか関節のシーリングとか正直言うとあまり好きではなかったのですが
アニメで見て、この装備の理由が分かるとコレは有りだなと完全に手の平を返してしまいました
現在コミックも最終決戦に入ってきているようですが最後の最後はやっぱりフルアーマーガンダムで、と願っております
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://zzx82grj0.blog105.fc2.com/tb.php/1047-2c946304
Next Work

158_1514_s_llxkbt0o2mxtsvwqtsjg1jzww8ei.jpg

HGUCギャン 準備中…


fc2rank.gif
Official Site
プロフィール

くろしば

Author:くろしば
ファースト、Z世代。
数年前にガンプラに復帰。
素組みでもここまでデキる!。難しいこと一切抜き!基本ガンダムマーカーとニッパー、ときどきデザインナイフ。ガンプラが難しいと感じている方、作りたいけど時間がない社会人、みなさんの心のハードルを下げます。さぁ、あのころのニュータイプたち、ニッパーを片手に立ち上がれ!。