ガンプラ好房

HGUC MG 1/144から 1/100までガンダムマーカーがあればガンプラは素組みだってここまでできる
 
 
NEW & Gallery
P1018919hggbl.jpg P1018737hggblre.jpg P1018611MS05S.jpg P1018571hgucgta.jpg P1018483hgucgca.jpg

最近の完成品レビューです

画像をクリックするとご覧になれます


ギャラリー ↑ギャラリーはこちら
リンク
カテゴリ
最新コメント
GUNPLA(amazon)

MG.jpg

HGUC.jpg

RG.jpg


HGUCガンダムGP01Fbフルバー二アン 

PB252588gp01fbtitle.jpg

HGUCガンダムGP01Fbフルバー二アン レビューです
↑画像をクリックするか
↓続きをクリックするとご覧になれます

使用ガンダムマーカー
SEEDダークブルー  胸部、肩、バーニアポッドなど
ガンダムレッド バーニア内部、膝、ビームライフルセンサー
ガンダムブルー シールド
ガンダムゴールド 頭部バルカン砲
ガンダムアイグリーン 頭部センサー(前後)
ガンダムイエロー 胸部Vマーク
ガンダム蛍光ピンク ビームサーベル

スミ入れ
スミ入れペングレー
スミ入れペンブラック
リアルタッチグレー1、3

その他、コトブキヤ・モデリングサポートグッズ丸モールド
WAVE・Hアイズグリーン、トップコートつや消しを使用しています


コアファイターⅡ(Fb)
PB252551gp01fb.jpg
GP01同様に変形はしません
キャノピー、バーニア先端を塗装
機首のダクトはスミ入れペングレーで塗って(書いて)あります
主翼はユニバーサル・ブースト・ポッドに変更(以後ブースト・ポッドで)
キャノピー脇のバーニアノズル周囲にホワイトでの塗装の指定がありますが省略

PB252554gp01fb.jpg
ブースト・ポッド側面のバーニア(小)周囲、内部を塗装
バーニア内部はコトブキヤのディテールアップパーツでデコレーション

PB252564gp01fb.jpg
バーニア内部はガンダムレッドで塗装

PB252714gp01fb.jpg
機体下部の小さな丸モールドにレッドを入れています

PB252566gp01fb.jpg


ガンダムGP01フルバー二アン
PB252703gp01fb.jpg
GP01同様でコアファイターⅡ(Fb)との合体はできません
肩のセンサー部分にHアイズグリーンを取り付けています
左胸上部の丸モールドは削り落としてマイナスモールドに置き換えています
肩、胸部バーニアはオープン状態で再現されています(開閉不可です)
シールドは付属のシールで色分けを再現できますが、ガンダムブルーで塗装してあります

PB252594gp01fb.jpg
シールドが肩に干渉してしまい、どの位置にするかは悩みどころです

PB252603gp01fb.jpg

PB252612gp01fb.jpg

gp01fb.jpg
ブースト・ポッド、肩のスラスターにコトブキヤのディテールアップパーツを取り付けています
コアファイターと合わせると計16個、使用しています

PB252651gp01fb.jpg
ビームライフル

PB262747gp01fb.jpg

PB262792gp01fb.jpg
ブースト・ポッドは基部で回転させることができます(逆噴射してるイメージで)
肩やブースト・ポッドに合わせて足裏もダークブルーを入れてみましたが少々キツイ感じになってしまいました

PB262751gp01fb.jpg
足裏にも丸モールドを追加しています

PB252682gp01fb.jpg
ビームサーベルはグリップとビーム部分が一体になっているものが1本付属
腰部フロントアーマーは左右一体成型になっているため中央で切り離し真鍮線でつなぎ独立可動できるようにしています
腰はフロントアーマーに干渉してしまいほとんど回転しません

PB252666gp01fb.jpg

PB252585gp01fb.jpg

PB252646gp01fb.jpg

PB252693gp01fb.jpg

PB262754gp01fb.jpg

PB252718gp01fb.jpg

以上HGUCガンダムGP01Fbフルバー二アンでした
2000年12月発売のHGUC初期のキット
GP01同様にコアファイターⅡ(Fb)の変形、合体ギミックは再現されていません
コアファイターはこちらもディテールは多めで、変形機構が廃されているため形状も安定していてコレ単体でも楽しめます
ガンダム本体は個人的にはMGの縦に長く感じるスタイルが改善され全身のバランスに違和感がなくなった、HGUC版の方が好みです
フルバー二アンの象徴でもある背部のブーストポッド基部も3つの可動軸があり、映像でも印象的だった逆噴射も再現できます
肩、胸部のバーニアノズルはオープン状態で固定されていて、パーツも一体成型になっているので塗り分けが必要
このキットで一番苦労させられる部分ではないかと思いました
せめて、オープン、クローズ状態のどちらかを選択できるようにしてほしかったところですね
可動については発売された時期(2000年)を考えれば十分と言えると思うので、とやかく言うつもりはありませんが
シールドが肩のスラスター部に干渉していまうため横か正面のどちらに構えるかは悩みどころ
塗装に少し手間がかかりますが、¥1575という価格を考慮すればGP01の造形物としてはレベルの高いものになっていると思います

PB032246gp01.jpg
↑ガンダムGP01ゼフィランサス



fc2rank.gif←click!
:ガンプラ :ガンダム :hg :mg
コメント
今を基準に考えると、いじりがいがある感じですね。
個人的には、このくらいのほうがプラモを作っている気になるので好きです。
今のは楽で良いんですけどねー。
コアファイターまでついてこの価格は断然お買い得だと思います。
バンダイ、頑張ってたんですね。

シールドがなかなか難儀ですねぇ。
どっちが好きかっていうとフルバーニアンの方が好きなんですが、作る事を考えるとゼフィランスかなぁ。
ポージングでもゼフィランスの方がやりやすそうですよね。
ま、いずれ両方作るとは思いますが!
まーくさんんへ
色分けや細かい部分のディテールは現在のキットにはかないませんが
ちょっとしたディテールアップを楽しめるのは一昔前のキットのイイところかもしれません
シールドに関しては素直にマスキング→スプレーを吹いた方が賢明かと思います
肩にシールドが干渉してしまうのでゼフィランサスの方が動かしやすいのは確かですね















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://zzx82grj0.blog105.fc2.com/tb.php/810-ebd7344e
ただいま作成中!

20150824_altrongundam_02.jpg

MGアルトロンガンダム作成中!


fc2rank.gif
公式Web
プロフィール

くろしば

Author:くろしば
ファースト、Z世代。
数年前にガンプラに復帰。
素組みでもここまでデキる!。難しいこと一切抜き!基本ガンダムマーカーとニッパー、ときどきデザインナイフ。ガンプラが難しいと感じている方、作りたいけど時間がない社会人、みなさんの心のハードルを下げます。さぁ、あのころのニュータイプたち、ニッパーを片手に立ち上がれ!。