ガンプラ好房

HGUC MG 1/144から 1/100までガンダムマーカーがあればガンプラは素組みだってここまでできる
 
 
NEW & Gallery
P1018919hggbl.jpg P1018737hggblre.jpg P1018611MS05S.jpg P1018571hgucgta.jpg P1018483hgucgca.jpg

最近の完成品レビューです

画像をクリックするとご覧になれます


ギャラリー ↑ギャラリーはこちら
リンク
カテゴリ
最新コメント
GUNPLA(amazon)

MG.jpg

HGUC.jpg

RG.jpg


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUCデルタプラス 

P5126937deltaplus.jpg
HGUCデルタプラス レビューです
↑画像をクリックするか
↓続きをクリックするとご覧になれます

使用ガンダムマーカー
ガンダムグレー 肩部ディテール
ガンダムシルバー 頭部バルカン
ガンダムホワイト シールド、ビームサーベルグリップ

スミ入れ
リアルタッチグレー1
リアルタッチグレー3
スミ入れペン黒


P5127053deltaplus.jpg
背部のバインダー、下腿のむき出しになったムーバブルフレームなどに百式の特徴的なデザインを見ることができます
グリプス戦役時からMSの武装がビーム兵機主体になり被弾すれば確実に破壊されてしまうため
回避率を上げるために敢えて装甲を軽量化した・・・というのがフレームを装甲で覆っていないことの理由のようです

P5127058deltaplus.jpg
胸部、膝の白い部分は別パーツ化され塗装の必要はありません

P5127064deltaplus.jpg

P5127068deltaplus.jpg

deltaplus.jpg
頭部センサーは付属のシールを使用
デュアルアイセンサーはブルー、シルバー、ブラウンの3種類のシールが付属し今回はブラウンを使用
頭部バルカン砲はガンダムシルバーで、肩の長方形のモールドをガンダムグレーで塗装
シールドは両サイドをガンダムホワイトで塗装、中央の部分は付属のシールを使用
腰部リアアーマー、脹脛(ふくらはぎ)外側のホワイトの部分は付属のシールを使用

P5157161deltaplus1.jpg
P5157157deltaplus.jpg
上 MS(モビルスーツ)形態時の余剰パーツ
下 ウェーブライダー形態時の余剰パーツ

P5157112deltaplus.jpg
ウェーブライダー形態
変形はパーツ差し替えで行います

P5157118deltaplus.jpg

P5157124deltaplus.jpg

P5157128deltaplus.jpg

P5157138deltaplus.jpg


画像ロールオーバーします

P5126936deltaplus.jpg
MS形態

P5066873deltaplus.jpg
ビームライフルはリゼルのものと同型
首は上方へ引き出し可能も左右へは頬当てに襟が干渉し可動範囲は狭いです
肩関節は上方への動きはありませんが前方へのスィング機構あり
股間節はボールジョイント接続で横方向への可動はこのくらいが限界

P5066876deltaplus.jpg

P5066869deltaplus.jpg

P5126899deltaplus.jpg
シールドはZ系同様に防御のためというよりも変形のためのオプションといった形状
ビームガンが内蔵されておりビームサーベルのグリップはシールドに装備されています
シールドに収納されているときはグリップ部分がビームガンにもなるようです

P5126981deltaplus.jpg
ビームサーベル
ビームサーベルのグリップは1本、ビームパーツは2本付属、グリップ部分は本体色(グレー)なのでガンダムホワイトで塗装
シールドへの収納ギミックはなくビームサーベルの持ち手は右手用のみが付属します

P5157102deltaplus.jpg

P5126949deltaplus.jpg

P5157134deltaplus.jpg

P5066890deltaplus.jpg

P5157109deltaplus.jpg

P5126994deltaplus.jpg

P5066884deltaplus.jpg

以上HGUCデルタプラスでした
現在、映像化で展開中の「機動戦士ガンダムUC」からリディ・マーセナスの乗機、デルタプラスのHGUC版です
百式の後継機でありながら変形機構を有するため、このキットも宿命的にMS、ウェーブライダーの両形態の両立を余儀なくされていますが
HGUCではすでに定番となった変形用パーツ介した差し替えによる変形を採用することで
百式系のスマートなMS形態を再現し、薄く塊感と安定感のあるウェーブライダー形態を両立させたキットに仕上がっています
頭部のセンサー(デュアルアイセンサー部分)は3種類のカラーから選べるシールが付属し
他、シールド、腰部リアアーマー、脹脛(ふくらはぎ)のホワイトでの塗装が必要な部分も付属のシールを使用することで
一部、塗装が必要な部分もありますが、ほぼ設定どおりのカラーリングが再現できます
可動については首の回転や股関節がボールジョイントでの接続となっているため横方向への可動範囲の狭さを感じますが
他の部位については通常のHGUC程度の可動範囲は確保されています
映像でもあまり派手なポーズを決める機体ではなく素立ちで展示することが多いのではないかと思うので個人的には問題としていません
武器保持用の握り手はビームライフル、ビームサーベルともに右手用しか付属せず左手は握り拳のみという構成
ビームライフルはしかたないとしてもビームサーベルを左手に持たせられないためプレイバリューの低下を招いているように感じました
準主役機という位置づけや百式の後継機ということで必然的に、出来上がりへの期待も高くなり評価も厳しくなることも事実
しかしHGUCという枠の中で考えれば両形態の両立という課題は見事にクリアーしてきているものと思います
動かして楽しむというよりも、そのフォルムを堪能するという楽しみ方のほうが合う大人のキットではないでしょうか



fc2rank.gif←click!
:ガンプラ :ガンダム :hg :mg
コメント
ありがとーござーまーす!
やっぱりカッコイイですなぁ、デルタプラス。
キットは可動範囲が大きい方が楽しいと思いますが、動かなくても楽しいとも思ってます。
足首が曲がらなかった頃から、脳内で動かす訓練をしてきたからかも?
左手は残念ですが、私はこのキット好きです。
持ってはいるんですけどね。
いつ作れるやらです。
まーくさんへ
下半身の可動が弱いですが塗装箇所も少なくて作りやすいです
両形態のプロポーションもよくできているのでカッコよく仕上がりますよ
組み立てるだけなら、たいして時間もかからないので
積んでいるのはもったいないですよ
こんにちは!
デルタプラス、良キットですよね!
シールドの白がきれいに塗られていて、すごいです。
あと、サーベルも白でしたね!
くろしばさんの記事を見て、自分のキット、塗っていないのに気付きましたw

左手の持ち手は、ビルダーズパーツで補完しろってことですかねw
T.Oyamadaさんへ
白い部分は塗らなくても気づかないかもしれませんね
グレーの成形色の部分に塗らないといけないのでスプレーを使用した方がいいかもしれません
左手はどうしちゃったんでしょうね
何かのキットから流用しちゃえば問題無さそうですが
なんとかしてほしかった部分です














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://zzx82grj0.blog105.fc2.com/tb.php/869-409a0e06
まとめtyaiました【HGUCデルタプラス】
HGUCデルタプラス レビューです↑画像をクリックするか↓続きをクリックするとご覧になれます
ただいま作成中!

20150824_altrongundam_02.jpg

MGアルトロンガンダムEW作成中!


fc2rank.gif
公式Web
プロフィール

くろしば

Author:くろしば
ファースト、Z世代。
数年前にガンプラに復帰。
素組みでもここまでデキる!。難しいこと一切抜き!基本ガンダムマーカーとニッパー、ときどきデザインナイフ。ガンプラが難しいと感じている方、作りたいけど時間がない社会人、みなさんの心のハードルを下げます。さぁ、あのころのニュータイプたち、ニッパーを片手に立ち上がれ!。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。