ガンプラ好房

HGUC MG 1/144から 1/100までガンダムマーカーがあればガンプラは素組みだってここまでできる
 
 
NEW & Gallery
P1018919hggbl.jpg P1018737hggblre.jpg P1018611MS05S.jpg P1018571hgucgta.jpg P1018483hgucgca.jpg

最近の完成品レビューです

画像をクリックするとご覧になれます


ギャラリー ↑ギャラリーはこちら
リンク
カテゴリ
最新コメント
GUNPLA(amazon)

MG.jpg

HGUC.jpg

RG.jpg


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC ガンダム TR-1 [ヘイズル改] 

P7109374hgucgtr1heic.jpg

HGUC ガンダム TR-1 [ヘイズル改] レビュー
↑画像をクリックするか
↓続きをクリックするとご覧になれます

使用ガンダムマーカー
ガンダムグレー 肩、胸部、腰部、膝など
SEEDダークブルー 頭部ダクト、バックパック、脹脛(ふくらはぎ)バーニアなど
ガンダムレッド マニピュレーター先端、他各部モールドなど
ガンダムイエロー バックパック、脹脛バーニア周囲など

スミ入れ
スミ入れペングレー
スミ入れペンブラウン

他コトブキヤ、WAVEのディテールアップパーツを使用しています


P7078950hgucgtr1heic.jpg

P7078956hgucgtr1heic.jpg
左腕のシールドはスラスターとプロペラントタンクを内蔵したシールドブースター
シールドブースターは強襲時にはブースターとして機能するとのことです

P7078967hgucgtr1heic.jpg
下腿のメタリックグリーンは付属のシールです
胸部、腰部(全面)、膝のモールドはガンダムグレーで塗装
腰部のVマークはガンダムイエローで塗装

P7078965hgucgtr1heic.jpg
バックパックのメタリックグリーンは付属のシールです

P7078968hgucgtr1heic.jpg
ジムタイプのシールドも付属します
腰部フロントアーマーは左右一体成型なので中央で分割
真鍮線などで再接続する必要はありません

P7078974hgucgtr1heic.jpg
シールドブースターはバックパックに取り付けることができます
接続部はポリキャップにシールド側の軸を差し込む方式

P7078981hgucgtr1heic.jpg

hgucgtr1heic.jpg
頭部のダクトは全てSEEDダークブルーで塗装/デュアルアイセンサーは付属のシールで再現
頭頂部は付属のシールを使用/可動式ブースターポッドは全面をガンダムグレーとガンダムレッドで色分け
ブースターポッドと胸部のメタリックグリーンの部分はホイルシールの余白を切り取って貼ってあります
肩、バックパックのスラスターは周囲をガンダムイエロー、内部をグレー、ダークブルーで塗装
ハンドパーツは握った状態のものは付属せず武器保持用の右手×2と左の平手のみ
パッケージなどを参考にそれぞれ先端(指先)をガンダムレッドで塗装 
hgucgtr1heic1.jpg
ジムタイプのシールドは裏面に、シールドブースターは表面にモールドを追加
リアアーマーのスラスター状のモールドはダークブルーで塗装
下腿前後にダクト状のディテールアップパーツを追加しています

P7109375hgucgtr1heic.jpg
よく見かけるヘイズルのイラストっぽく

P7109379hgucgtr1heic.jpg
ショートバレルのビームライフル
後に改良型がガンダムMk-IIに採用されたとのこと

P7099324hgucgtr1heic.jpg
肘は2重関節が採用されています

P7089041hgucgtr1heic.jpg

P7099311hgucgtr1heic.jpg
フォアグリップが可動します

P7109394hgucgtr1heic.jpg
ビームサーベル
グリップ、ビームパーツ×1が付属します

P7089116hgucgtr1heic.jpg

P7089096hgucgtr1heic.jpg

P7089177hgucgtr1heic.jpg

P7089194hgucgtr1heic.jpg

P7099317hgucgtr1heic.jpg

以上HGUC ガンダム TR-1 [ヘイズル改]でした
2002年から2007年まで電撃ホビーマガジンで連載された"ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに"
宇宙世紀0084年~0088年を舞台にしたZガンダムの外伝的な作品です
ガンダムタイプの頭部を装着する事による友軍及び敵軍(特にジオン残党軍)への心理的影響
更にはその存在自体が戦局に与える効果の検証を目的としジム・クゥエルがベースとなっている機体とのこと
キットの方は2005年9月発売でHGUCとは思えないようなハイディテール仕様
おそらくHGUCでは初めて肘に2重関節を採用しており、それまでのHGUCを超えた可動範囲を確保しています
またシールドブースターなどのギミックもあり、キットを複数(3つ)購入すれば背部と両腕に装備した高機動形態の再現も可能
ショートバレルのビームライフルも新鮮な印象でMk-IIへの繋がりも感じられます
パーツも細かく色分けされていますが元がハイディテールな分、付属のシールだけではさすがに色不足
塗装できる場合はパッケージ、説明書を参考に塗装することをお勧めします
膝が少々、大きく感じますがスタイルが良く、情報量も多いため見応えのあるキット・・・価格も程良く、カッコイイです



fc2rank.gif←click!
:ガンプラ :ガンダム :hg :mg
コメント
こんなだったんですねぇ。
シールドがブースターになるとは、知りませんでした。
SDだと、ゴテゴテいっぱい付いてるなとしか。
これがMk-Ⅱに繋がるわけですね?
部分的にMk-Ⅱで部分的にNT1だなと思いました。
なんか不思議です。
バックパックあたりの合わせ目消しがちょっと大変そうですが、なかなか動くんですね?
それはちょっと楽しみ。
見かけたら買ってみようかなぁ。
ちなみに股関節はどんなでしょう?
まーくさんへ
連邦系MSの繋がりを感じさせる部分が
ちらほらと見られるあたりはファンの心理をくすぐりますね
発売された時期がちょっと前のキットなのでさすがに
合わせ目は多めかなと思いますが個人的には許容範囲です
股関節はボールジョイントでの接続ですが
ビームライフルを構えた画像(3枚目)くらいは開くので
ポーズを付けるには十分な可動範囲が確保されていると思います














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://zzx82grj0.blog105.fc2.com/tb.php/878-d3f47f81
ただいま作成中!

20150824_altrongundam_02.jpg

MGアルトロンガンダムEW作成中!


fc2rank.gif
公式Web
プロフィール

くろしば

Author:くろしば
ファースト、Z世代。
数年前にガンプラに復帰。
素組みでもここまでデキる!。難しいこと一切抜き!基本ガンダムマーカーとニッパー、ときどきデザインナイフ。ガンプラが難しいと感じている方、作りたいけど時間がない社会人、みなさんの心のハードルを下げます。さぁ、あのころのニュータイプたち、ニッパーを片手に立ち上がれ!。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。