ガンプラ好房

HGUC MG 1/144から 1/100までガンダムマーカーがあればガンプラは素組みだってここまでできる
 
 
NEW & Gallery
P1018919hggbl.jpg P1018737hggblre.jpg P1018611MS05S.jpg P1018571hgucgta.jpg P1018483hgucgca.jpg

最近の完成品レビューです

画像をクリックするとご覧になれます


ギャラリー ↑ギャラリーはこちら
リンク
カテゴリ
最新コメント
GUNPLA(amazon)

MG.jpg

HGUC.jpg

RG.jpg


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGゼータガンダム 

P2022899mgzgan.jpg

MGゼータガンダム レビュー
↑画像をクリックするか
↓続きをクリックするとご覧になれます

P2032971mgzga.jpg
ウェーブライダー形態

P2032973mgzga.jpg
ランディングギアは差し替えで展開した状態になり安定感のあるディスプレイが可能です

P2032975mgzga.jpg
テールスタビライザーには電飾ギミックが搭載されています
電池が入っているブロックの取り外しができず発光させることができませんでした(すみません)

P2032969mgzga.jpg

P2032982mgzga.jpg
グレーの成形色のハイパーメガランチャーが付属
ウェーブライダー機体下部に取り付けが可能です
ハイパーメガランチャー用のランディングギア(差し替え)が付属しこの形態でも安定してディスプレイできます

mgzga2.jpg
MS形態
大腿部(ふともも)、足部の白い部分は合わせ目を決してありますが膝関節、すね、踵などの合わせ目は段落ちモールドとして処理しています

mgzga3.jpg

mgzga1.jpg
頭部アンテナは可動式の軟質パーツと両形態用の固定型のパーツがそれぞれ付属します
固定のものは塗装が必要です(使用しないので塗装していません)
頭部脇のダクトやバルカン砲内部は塗してありますが何を使ったかは申し訳ないことに覚えていません
おそらくミッドナイトブルーかジャーマングレーではないかと思います
頭部側面は合わせ目消しをしてあり、長方形の段落ちモールド内にシールの余白部分を貼ってあります
頭部センサーはクリアーパーツを使用してあり、薄いグリーン状になっていますが何で塗ったのかは不明(すみません)
カミーユのフィギュアが付属(未塗装です)/ビームサーベルは腰部サイドアーマー内部に収納可能/シールドは伸縮します
左腰部フロントアーマーのアナハイムマークは(他肩、テールスタビライザーのアーガママーク)は電撃ホビーマガジン(いつのものかは不明)付録のシールを使用しています
大腿部下部の台形のモールドは中心に合わせ目が生じるので頭部同様に処理しています
ハンドパーツは3タイプが付属

P2032951mgzga.jpg
ビームライフル
合わせ目の処理をしセンサーは付属のシールの余白部分を使用
イエローの部分は付属のカラーリングシールを使用しています
股関節はボールジョイントでの接続で横方向への可動はこのくらいが限界です

P2032928mgzga.jpg

P2032932mgzga.jpg

P2032949mgzga.jpg
手首にはグレネードランチャーのディテールがあります
カートリッジは2個付属します
前腕や肩などの合わせ目は段落ちモールドとして処理しています

P2022911mgzga.jpg
ビームサーベル
クリアーパーツは2本付属します
画像ではよくわかりませんがクリアーパーツにはヤスリをかけてあります
肘関節の中央にも回転軸がありアニメで見るような腕の動きも可能です

P2022916mgzga.jpg

P2032944mgzga.jpg

P2022918mgzga.jpg

P2032958mgzga.jpg
ハイパーメガランチャー
関節の保持力が弱く持たせるのはかなり難しいですが、なんとか構えることができました(この後、落下してます)

P2032979mgzga.jpg

P2032991mgzga.jpg

P2032946mgzga.jpg

P2022913mgzga.jpg

P2022922mgzga.jpg

P2032962mgzga.jpg

P2032965mgzga.jpg

P2022900mgzga.jpg

以上MGゼータガンダムでした
1996年4月発売のMG4番目のキット
1/100ゼータガンダムですでに完全変形を達成していましたがやはりプロポーションがイマイチでした
時は過ぎようやくプロポーションと変形を両立したゼータガンダムが手に入ったことに、とにかく興奮したことを覚えております
ウェーブライダー形態を薄くするための仕掛けとして、この当時ですでにフライングアーマーを可動させることで
折りたたんだ腕部を収納できたり目を見張るギミックが搭載されています
今で言うところのロック機構がないため変形後の安定感は欠くものの形状は良好
ロック機構などが無いにも関わらずこれだけの変形をしてしまうのもある意味凄いことだと思います
またカラーリングこそ違いますがハイパーメガランチャーも付属しウェーブライダーにも装着できる徹底ぶり
当時は部分的にカラーリングを変更することで模型ならではの価値を盛り込んでくれていたのでしょうか
MS形態も若干、頭部が大きく感じるかもしれませんが全体的にバランスのとれたプロポーションではないかと思っています
個人的に頭部形状もどちらかといえば(Ver.2.0と比べて)こちらの方が好みです
可動に関して言えば股関節が動かないためポージングが付けずらいですが肘、膝などは十分な可動範囲を有しています
また肘関節に可動軸がありアニメで見るよう前腕が正面を向いたまま曲がっているポーズができたりするのは面白い試みだったと思います
この当時としてはかなり多めのパーツ数も現在のMGと比べれば少ないものとなっており変形モデルでありながら組立やすい構成となっています
しかしパーツ構成が簡素なため各部に合わせ目が生じてしまいます
全てのパーツの合わせ目を処理するのはさすがに手がかかるので一部を段落ちモールドとしてメリハリを付けてみました(多少無理はありますが・・・)
色分けはほぼシールで補完することができ(無理やりな部分もありますが)塗装が必要なのは頭部のダクトくらいなもの
組み立ててスミ入れをする程度で十分な完成度のゼータガンダムが手に入ってしまうのは当時としてはスゴイことだったのだなと改めて思いました
もちろん現在のガンプラの技術と比べれば不満や見劣りするところなど、気になる箇所は多々あるわけで
今、1/100サイズのゼータガンダムを購入するならまちがいなくVer.2.0をおすすめします
記念碑的なキットなだけに興味があり冒険心があるは手を出してもいいのでは・・・ないかと思います



fc2rank.gif←click!
:ガンプラ :ガンダム :hg :mg
コメント
足の曲線や平べったくないサイドアーマーなどはVER2.0よりこちらが好きです。
・・・さんへ
私も個人的には複雑な面構成のサイドアーマーが好みです
足の曲線も言われてみればこっちの方が魅力的かもしれません
初期のMGでも見るべきところは意外に多いかもしれませんね
振り返ることも必要かもと思いましたよ
お初にお目にかかります。更新、いつも楽しみにしてます。
ver2.0が出ているにも関わらず、よく知らなかった僕の初めてのMGがこのゼータでした。メガランチャーの構え辛さ、よく分ります!サーベル持たせるとそれなりにビシっと決まるんですね。
ともかく、MGゼータのかっこよさ、懐かしさ感じました!
通りすがりさんへ
初めまして、ですね
常にチェックしていないとどれが最新のものかなんて分からないですよね
と言う方でもMGはどのキットを手にしても納得のいく仕上がりとなるのではないせしょうか
昔のMGもそれぞれでまたいい味が出ているなと私も再確認できました
遅くなりました!
合わせ目に可動域はやっぱり1.0ですね。
今買うなら迷わず2.0っていうのもよくわかりました。
が、プロポーションは俄然こっちが好みです。
足が太めだったり顎がシャープになっていたりするのが良いですなぁ。
あと、青もこっちの方が好みです。
が、ウェーブライダーや2.0の方が薄くって良いですな。
違うもんなんだなぁというのがとってもよくわかりました!
ありがとうございます!
まーくさんへ
私も最近まで飾っていただけにプロポーションはこっちが好みです
塗装までして仕上げるというのであれば、なんら問題ないのかもしれませんが
素組みではさすがに最近のキットに慣れてしまうとちょっときついものがあるのも事実
ですが時代を超えてイイものであると私は思っております
私の自己満足にお付き合いいただきありがとうございました















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://zzx82grj0.blog105.fc2.com/tb.php/931-7eb33bd6
ただいま作成中!

20150824_altrongundam_02.jpg

MGアルトロンガンダムEW作成中!


fc2rank.gif
公式Web
プロフィール

くろしば

Author:くろしば
ファースト、Z世代。
数年前にガンプラに復帰。
素組みでもここまでデキる!。難しいこと一切抜き!基本ガンダムマーカーとニッパー、ときどきデザインナイフ。ガンプラが難しいと感じている方、作りたいけど時間がない社会人、みなさんの心のハードルを下げます。さぁ、あのころのニュータイプたち、ニッパーを片手に立ち上がれ!。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。