ガンプラ好房

HGUC MG 1/144から 1/100までガンダムマーカーがあればガンプラは素組みだってここまでできる
 
 
NEW & Gallery
P1019027gh.jpg P1019005mgaga.jpg P1018919hggbl.jpg P1018737hggblre.jpg P1018611MS05S.jpg

最近の完成品レビューです

画像をクリックするとご覧になれます


ギャラリー ↑ギャラリーはこちら
リンク
カテゴリ
最新コメント
GUNPLA(amazon)

MG.jpg

HGUC.jpg

RG.jpg


RG スカイグラスパー ランチャー/ソードパック 

P1013582rgskyg.jpg

RGスカイグラスパー ランチャー/ソードパック レビュー
↑画像をクリックするか
↓続きをクリックするとご覧になれます

使用ガンダムマーカー
ガンダムブラック キャノピー
ガンダムグレー 機体後部
ガンダムメタグレー、メタレッド、ゴールド コックピット内部
DESTINYレッド2、SEEDダークブルー、ガンダムホワイト パイロットフィギュア

スミ入れ
リアルタッチグレー1
リアルタッチグレー3
リアルタッチオレンジ
リアルタッチブルー


P1013429rgskyg.jpg
地球降下後のムウ・ラ・フラガの乗機
ストライクガンダムの戦術支援用に開発された戦闘攻撃機とのこと
ムウ・ラ・フラガ以外にもトール・ケーニヒやカガリ・ユラ・アスハも搭乗してました(以後トール、カガリで)


砲塔式大型キャノン砲(↑画像ロールオーバーします)

P1013437rgskyg.jpg
期待後部の横三連のダクト状のディテール内部をガンダムグレーで塗装

P1013438rgskyg.jpg
アクションベース2に専用の接続パーツを装着してディスプレイします


主翼は後方へスライドします(↑画像ロールオーバーします)

rgskyg2.jpg
キャノピーの開閉ギミックあり、周囲はガンダムブラックで塗装
コックピット内部のディスプレイなどはメタリック系のマーカーで塗装
パイロットフィギュアはムウ・ラ・フラガで
マーカーには紫系のカラーがないのでDESTINYレッドとガンダムホワイトを混ぜて塗装しています
カラーリングを変えればカガリは無理でもトールにすることもできるかと思います
コックピット内部のシートもレッド、ブラックなどを混ぜブラウン調にして塗装してあります
砲塔式大型キャノン砲は左右への回転も可能
主翼先端にはストライクガンダムの肩の様な形状のユニットがあります
ストライカーパックのみの展示用のパーツ
肩に当たる部分はソード、ランチャーで左右に差し替えて使用します

rgskyg3.jpg
アクションベース2を使用してストライカーパックのみでのディスプレイができます

P1013572rgskyg.jpg
スカイグラスパー+ランチャーストライカー
320mm超高インパルス砲・アグニ、120mm対艦バルカン砲、350mmガンランチャーなどの武装ありです


↑画像ロールオーバーします

P1013417rgskyg.jpg

P1013580rgskyg.jpg

P1013447rgskyg.jpg
スカイグラスパー+ソードストライカー
15.78m対艦刀・シュベルトゲベール、マイダスメッサー(ビームブーメラン)、パンツァーアイゼン(ロケットアンカー)などの武装ありです



P1013453rgskyg.jpg

P1013460rgskyg.jpg
戦艦にパンツァーアイゼンで取りついてシュベルトゲベールで切り付けるなんてこともやってましたね

P1013546skygr.jpg
スカイグラスパー+エールストライカー(本キットには付属しません)
エールストライカーはRGストライクガンダム付属のものを使用しています



P1013552rgskyg.jpg

P1013557rgskygr.jpg

P1013506rgskyg.jpg
スカイグラスパー+I.W.S.P.(本キットには付属しません)
I.W.S.P.はRGストライクルージュ+I.W.S.P.付属のものを使用しています
ストライカーパック展示用のパーツを使用していますが実際にはくっついておらず置いてあるだけです
主翼先端のユニットがI.W.S.P.に干渉してしまうため後ろへ逃がす必要がありこのようにしています
アクションベースに乗せることができないためランディングギア(コックピット下、主翼先端のユニット下にあります)を使用しています

P1013512rgskyg.jpg

P1013529rgskyg.jpg

以上RG スカイグラスパー ランチャー/ソードパックでした
特別なカテゴリーでキット化されることが多い航空機ものですが、ストライクガンダムの武装をプラスしてRGでの発売となりました
精密なディテールが入っているだろうと思われる航空機とRGの相性はピッタリで
リアリスティックデカールの効果もあり、スカイグラスパー本体にはスケールモデルのような印象さえ受けます
キット付属のソード、ランチャーストライカーは戦闘機に取り付けるには違和感がありますが
ストライクガンダムに装備することを考えればRG基準での立体化はうれしいばかりです
さらにRGストライクガンダム付属のエールストライカーの取り付けまでしっかりとフォローされています
RGとは言え塗装がまったく必要ないということはなくコックピット周辺はやはり、ある程度の塗装をすると見栄えも良くなるかと思います
パッケージや説明書ではキャノピーの塗装はしていませんがクリアーパーツのディテールは塗装を施したいところ
また、明らかに大変そうで、あきらめてしまいそうなパイロットフィギュアもしっかりと行っておきたいですね
(ちなみにパイロットフィギュアやコンソールも筆ではなくマーカーと楊枝を使って塗りました)
I.W.S.P.については、おまけ程度に考えていたので細かいことは気にせずに、ただ楽しんでいただければと
でも、私はこれが一番カッコいいのではないかと思っています
おそらくこのキットの本来の役割はストライカーパックなのだと思うし、ストライクガンダムと組み合わせて楽しむのがおそらくは正解なのでしょう
しかしスカイグラスパー本体のデキの良さも侮ることはできず、今回はスカイグラスパーのみとさせていただきました
いろんな意味で今後のRGの可能性を見せてくれたように思います



fc2rank.gif←click!
:ガンプラ :ガンダム :hg :mg
コメント
これをRGで発売するのがバンダイですね。
でもって、新発売でこんなに最中割り?ってもの出しちゃったりして。
不思議な会社ですなぁ。

個人的にはI.W.S.P.が一番しっくりきました。
HGなのに、です。
やっぱりデカールってすごいなぁと。

おっと。
パイロットの塗装、お疲れ様でした!
ここ、大切ですよね。
筆を使っていないって事に驚いております。
やっぱり講義をお願いしたいです!
まーくさんへ
I.W.S.P.はカラーリングも一番兵器っぽいからでしょうか
これが一番お気に入りなのですが素直に合体してくれなかったのは残念でした

自分でもこんな曲芸染みたことができることにビックリ
全ては面倒なことをしたくないという気持ちから生み出された技ですね
トライ&エラーでやっちゃうと・・・以外にできたりとかします
こういった細かいフィギュアなんかは特に
でも楊枝の方が面倒かもしれませんね














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://zzx82grj0.blog105.fc2.com/tb.php/940-89c934a4
ただいま作成中!

20141113_tallgeese_img08.jpg

MGトールギスⅢ作成中!


20160810_heavyarms_custom_02.jpg

MGガンダムヘビーアームズ改EW

画像アップしました


fc2rank.gif
公式Web
プロフィール

くろしば

Author:くろしば
ファースト、Z世代。
数年前にガンプラに復帰。
素組みでもここまでデキる!。難しいこと一切抜き!基本ガンダムマーカーとニッパー、ときどきデザインナイフ。ガンプラが難しいと感じている方、作りたいけど時間がない社会人、みなさんの心のハードルを下げます。さぁ、あのころのニュータイプたち、ニッパーを片手に立ち上がれ!。