ガンプラ好房

HGUC MG 1/144から 1/100までガンダムマーカーがあればガンプラは素組みだってここまでできる
 
 
NEW & Gallery
P1018919hggbl.jpg P1018737hggblre.jpg P1018611MS05S.jpg P1018571hgucgta.jpg P1018483hgucgca.jpg

最近の完成品レビューです

画像をクリックするとご覧になれます


ギャラリー ↑ギャラリーはこちら
リンク
カテゴリ
最新コメント
GUNPLA(amazon)

MG.jpg

HGUC.jpg

RG.jpg


HGUCバイアランカスタム 

P1014093hgucbyarcu.jpg

HGUCバイアランカスタム レビュー
↑画像をクリックするか
↓続きをクリックするとご覧になれます

使用ガンダムマーカー
ガンダムレッド(以下レッドで)以下 各部スラスター、バーニア内部
ガンダムグレー(以下グレーで) 肩スラスター上部ダクトなど
ガンダムメタグリーン(以下メタグリーンで) 頭部バイザー内部
SEEDダークブルー(以下ダークブルーで) 腰部ダクト、スラスター内部など
ダブルオーバイオレット 腹部ダクト周囲

スミ入れ
リアルタッチグレー3
リアルタッチオレンジ

他コトブキヤのディテールアップパーツ、トップコート半光沢、ガンダムデカールを使用しています



P1014052hgucbyarc.jpg
episode4後半に登場したバイアランカスタムです
地球連邦軍マークなどはキット付属のシールを使用し他のマーキングはガンダムデカールを適当に使用しています
(主にHGUCユニコーンガンダム、MGクロスボーンガンダムなどを使用しています)

P1014054hgucbyarc.jpg
赤い部分は全てにカラーリングシールが付属しますがきれいに貼るのは難しくレッドで塗装してあります
腰部、下腿(スネ)のダクト内部もシールが付属しますがダークブルーで塗装してあります

P1014057hgucbyarc.jpg

P1014060hgucbyarc.jpg

hgucbyarcu1.jpg
頭部バイザーはクリアーグリーンのパーツになっています
内部をメタグリーンで塗装していますが、あまり効果はなかったようです
腹部脇のダクトパーツは全て赤の成形色
カラーリングシールが付属しますがダブルオーバイオレットで周囲を塗装しています
写真では違和感は無いように見えますが若干、色味が違います
肩の段落ちモールドにコトブキヤのディテールアップパーツを追加しています

hgucbyarcu2.jpg
両肩のスラスター上部のダクトは塗装の指定はありませんがグレーで塗装してあります
接続部のディテールもグレーで塗装
イエロー部分はカラーリングシールを貼ってあります
スラスターユニットと本体をつなぐグレーのパーツにある円形の段落ちモールドはディテールアップパーツで埋めています
スラスター下部(内部)カラーリングシールが付属しますがキレイに貼るには難度が高くレッドで塗装
バックパック部分の段落ちモールドはディテールアップパーツで埋めています

hgucbyarcu5.jpg
肩のスラスター内部(中央)に合わせ目が生じるディテールが存在するためディテールアップパーツで埋めています
内部はレッドで塗装しています
クローの可動部にゲート跡ができてしまうためここもディテールアップパーツを貼りカバーしています
プロペラントタンク側の接続部のディテールはグレーで塗装しています

hgucbyarcu3.jpg
プロペラントタンク下部のユニットとの接続部付近にダクト状のディテールを追加
プロペラントタンクに付属するスラスター周囲にも隙間が存在するためバーニアパーツで埋めています
腰部後ろのスラスター中央はカラーリングシールが付属しますがダークブルーで塗装

hgucbyarcu4.jpg
肘関節の段落ちモールドにはディテールアップパーツを追加
赤い部位はシールで再現できるようになっていますがガンダムレッドで塗装
脚部スラスター脇にはビルダーズパーツHD MSスラスター01から楕円形のものを使用し統一感を出しています
パーツはグレーとレッドで塗装してあります
目立たないですが爪先の接続部のディテールをグレーで塗装

P1014094hgucbyarc.jpg
アクションベーとの接続は専用の接続パーツで行います
腕部にはメガ粒子砲とクロー・アームを搭載
クロー・アームの肉抜き穴、とても目立ちます

P1014084hgucbyarc.jpg
上腕と肩の付け根の回転軸で腕を回すことができます

P1014113hgucbyarc.jpg
肩のスラスターは回転と上方向への可動もあります

P1014101hgucbyarc.jpg

P1014141hgucbyarc.jpg
メガ粒子砲の砲口からビーム刃を展開

P1014147hgucbyarc.jpg

P1014169hgucbyarc.jpg
ビームパーツは2本付属します

P1014073hgucbyarc.jpg

P1014122hgucbyarc.jpg

P1014111hgucbyarc.jpg

P1014178hgucbyarc.jpg

P1014175hgucbyarcu.jpg

P1014183hgucbyarcu.jpg

以上HGUCバイアランカスタムでした
連邦軍のMSでありながらガンダム、GM系のスタイリッシュなラインではなく異形とも言えるデザインのMS
episode4登場のMSの中で一番目立っていたのではないかと思えます
設定全高も20Mほど、ということでキットの方も縦、横に広がったシルエットはMG並みのボリュームがあります
とは言えHGUCということでパーツ表面の間延び感が拭えず、各部にディテールアップパーツやデカールを貼り密度感を増してみました
基本的に塗装をしなくても設定どおりのカラーリングを再現できるように各部に貼るシールも付属しています
しかし腹部脇(腋下)のパーツなどに貼る場合は角を作って貼る必要があり、位置を決めるのも難しくキレイに貼るのは非常に困難だと感じ塗装をしています
最近のキットにしてはめずらしく関節が全てはさみ込む方式での組立となっています
それにより腕部や大腿部などに合わせ目が生じてしまうのは残念なところ
また塗装する場合にもかなり手こずることになりそうです
特異な形状をしてますが四肢の可動範囲は十分にあります
しかし関節にはポリキャップが使われていない箇所も多く、動かしすぎると関節の保持力が低下することもあるかもしれません
通常の人型ではないためか、なんとなくポージングを決めるのが難しいように思いました
またクローや踵などの目立つ部分に肉抜き穴が存在するためパテなどが使用できる場合は埋めてしまいたいところですね
大型のキットということで少々、粗も目立ちますがこのMSが立体化されたということだけでも意義があるように思います
ZガンダムのHGUCもかなり揃ってきているので、いつかはオリジナルのバイアランも発売されるといいですね

最後に気付いたのですが左右足首のライトブルーのパーツの位置がずれていました 
不注意でした、ご勘弁くだされ



fc2rank.gif←click!
:ガンプラ :ガンダム :hg :mg
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://zzx82grj0.blog105.fc2.com/tb.php/950-2f458960
ただいま作成中!

20150824_altrongundam_02.jpg

MGアルトロンガンダム作成中!


fc2rank.gif
公式Web
プロフィール

くろしば

Author:くろしば
ファースト、Z世代。
数年前にガンプラに復帰。
素組みでもここまでデキる!。難しいこと一切抜き!基本ガンダムマーカーとニッパー、ときどきデザインナイフ。ガンプラが難しいと感じている方、作りたいけど時間がない社会人、みなさんの心のハードルを下げます。さぁ、あのころのニュータイプたち、ニッパーを片手に立ち上がれ!。