ガンプラ好房

HGUC MG 1/144から 1/100までガンダムマーカーがあればガンプラは素組みだってここまでできる
 
 
NEW & Gallery
P1018919hggbl.jpg P1018737hggblre.jpg P1018611MS05S.jpg P1018571hgucgta.jpg P1018483hgucgca.jpg

最近の完成品レビューです

画像をクリックするとご覧になれます


ギャラリー ↑ギャラリーはこちら
リンク
カテゴリ
最新コメント
GUNPLA(amazon)

MG.jpg

HGUC.jpg

RG.jpg


HGグフイグナイテッド(ハイネ・ヴェステンフルス専用機) 

P1014714hggi.jpg

HGグフイグナイテッド(ハイネ・ヴェステンフルス専用機)レビュー
↑画像をクリックするか
↓続きをクリックするとご覧になれます

使用ガンダムマーカー
SEED DESTINYライトブルー バーニア内部
ガンダムレッド テンペストグリップ
ガンダムグレー 手首

水性ホビーカラー
ホワイト シールド周囲
ブラウン シールド
ニュートラルグレー シールド裏面
クリームイエロー テンペスト刀身

スミ入れ
リアルタッチグレー1
リアルタッチグレー3
スミ入れペングレー
スミ入れペンブラック

他トップコートつや消しを吹いてあります

hggi4.jpg
Guardian Of Unity Forerunnerの頭文字からGOUF(グフ)とのこと
イグナイテッドは第1期オープニングのignited-イグナイテッド-から取られたとのこと(いいのかそれで?)
ちなみにignitedとは、着火しているとか、火が付いているとかそんな意味です

hggi5.jpg

P1014653hggi.jpg
フライトユニット展開

P1014656hggi.jpg
ウイング部分のホワイトは付属のシールを使用しています

P1014660hggi.jpg
ウィング下面にもホワイト塗装の指定がありますがそのままとしています
メインスラスター部分はライトブルーでの塗装の指定がありますが、ここもそのままとしています
一度マーカーで塗っていますが鑑賞に堪えられるレベルにすることができず色を落としています
シールドで使用した水性カラーで塗装すればよかったです

hggi1.jpg
モノアイ、腹部のライトブルーは付属のシールで
肩関節の引き出し機構があります

hggi2.jpg
手首の接続部はガンダムグレーで塗装
シールド裏面は水性ホビーカラーのニュートラルグレーで塗装
グリップはディテールのみで可動しません

hggi3.jpg
腰部フロントアーマーは中央で切り離し左右で独立可動ができるようにしてあります
バーニア内部はSEED DESTINYライトブルーで塗装してあります

P1014916hgdomtr.jpg
専用台座が付属します(今回は使用していません)

P1014663hggi.jpg
M181SE ドラウプニル 4連装ビームガン
前腕に固定されている武装なのでポージングの付けようがありませんでした

P1014673hggi.jpg

P1014680hggi.jpg
テンペストは収納形態のものが別に付属
シールドに収納することができます
シールド表面はオレンジ色一色なのでブラウンとホワイトで塗り分けています

P1014687hggi.jpg
MMI-558 テンペスト ビームソード
刀身はクリームイエローで塗装
ビームパーツはそのまま取り付けると、しなってしまうので接続部を削り調整しています

P1014690hggi.jpg

P1014760hggi.jpg

P1014699hggi.jpg
MA-M757 スレイヤーウィップ
直線状のものとカーブの付いたものの2種類が付属しピンクのクリアーパーツで高周波パルス発生時の状態を再現
専用のハンドパーツで持たせることができます

P1014704hggi.jpg

P1014727hggi.jpg

P1014712hggi.jpg

P1014677hggi.jpg

P1014692hggi.jpg

P1014715hggi.jpg

以上HGグフイグナイテッド(ハイネ・ヴェステンフルス専用機)でした
ガンダムSEED DESTINYから2005年5月発売のキット
素組みで、ある程度のレベルに仕上げるには正直厳しいと感じました
フライトユニットにはシールが付属しますがウィング下面部分まではフォローされていません
ウィング下面のホワイト塗装が必要な部分がパーツ分けされているにも関わらず色分けもされていない有様
シールドに至ってはフルに塗装が必要な状態でガンダムマーカーで仕上げるのは困難を極めます
テンペストの刀身もガンダムイエローの隠ぺい力が弱くマーカーでの塗装は困難と判断し水性カラーで塗装しました
色分けについては結果的に不満ばかりとなってしまいましたが、せっかくなのでマーカー以外のマテリアルを使用するきっかけとなればと思います
付属品を除けば本体の方は色分けもほぼ完ぺきで塗装が必要なのはバーニア内部くらいなもの
パーツ構成もシンプルなので時間もかからず気軽に組み立てることができます
しかし、やはりというか各部に合わせ目が生じてしまうのは価格、スケール的にもしょうがないところ
肩のスパイクや大腿部のラインなんかはグフを踏襲しいてソードやムチ状の武器なんかもグフを想起させるもの
往年のファンには新たなガンダムを見るきっかけにもなったであろうし、新たなファンには過去のガンダムを見るきっかけになったのではないでしょうか
組み立てるだけである程度の完成度を求めている場合はオススメできませんが、模型ライフの新たなステージへの練習台としてはうってつけか
とは言え安価にミネルバ隊を揃えたい方はがんばってみるのもいいかもしれません
他に成形色変えでイザーク機(白系)、一般機(青系)も存在します



fc2rank.gif←click!
:ガンプラ :ガンダム :hg :mg
コメント
あら、グフ。
デザートグフとかってMSVに出てきそうな感じですね。
グフが空を飛んじゃうのはどうかと思いますが、それは時代って事で納得する事にして、思っていたよりも違和感が無いです。
このデザインならおじさんを誘引するのに役立つと思います。
こうなってくるとザクはなんだったんだって感じですが。

しかしシールドがオレンジ一色は厳しいですな。
>模型ライフの新たなステージへの練習
としては白いのが良さそうな気がします。
隠蔽力って、最初聞いた時はなんの事だ?と思いましたが、大切ですよね。
まーくさんへ
ザクよりもすんなりと受け入れていただけたようでなによりです
当時、フライトユニットはとても違和感がありましたが
やっぱりSEEDでは背中に尖ったものが付いていた方がいいかなと
そんな風に思っています

簡単に設定通りの色に仕上げられないのはやぱりキツイです
でもプラモデルであるかぎり塗装ってのは避けて通れないわけで
こういう時は気合い入れるしかないですね
隠蔽力、大事です
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://zzx82grj0.blog105.fc2.com/tb.php/956-b98a3f79
ただいま作成中!

20150824_altrongundam_02.jpg

MGアルトロンガンダム作成中!


fc2rank.gif
公式Web
プロフィール

くろしば

Author:くろしば
ファースト、Z世代。
数年前にガンプラに復帰。
素組みでもここまでデキる!。難しいこと一切抜き!基本ガンダムマーカーとニッパー、ときどきデザインナイフ。ガンプラが難しいと感じている方、作りたいけど時間がない社会人、みなさんの心のハードルを下げます。さぁ、あのころのニュータイプたち、ニッパーを片手に立ち上がれ!。