ガンプラ好房

HGUC MG 1/144から 1/100までガンダムマーカーがあればガンプラは素組みだってここまでできる
 
 
NEW & Gallery
P1018919hggbl.jpg P1018737hggblre.jpg P1018611MS05S.jpg P1018571hgucgta.jpg P1018483hgucgca.jpg

最近の完成品レビューです

画像をクリックするとご覧になれます


ギャラリー ↑ギャラリーはこちら
リンク
カテゴリ
最新コメント
GUNPLA(amazon)

MG.jpg

HGUC.jpg

RG.jpg


HG V2ガンダム 

P1015370hgv2g.jpg

HG V2ガンダムレビュー
↑画像をクリックするか
↓続きをクリックするとご覧になれます

使用ガンダムマーカー
ガンダムグレー(以下グレー) 各部ハードポイント
SEEDダークブルー(以下ダークブルー) 各部ダクト
ガンダムブルー(以下ブルー) ボトムファイター用換装パーツ
ガンダムイエロー(以下イエロー) ボトムファイター用換装パーツ
ガンダムレッド (以下レッド) 肘関節周囲
ガンダムシルバー (以下シルバー) 頭部バルカン砲
メタグリーン 各部センサー類

スミ入れ
リアルタッチグレー1
リアルタッチグレー3
リアルタッチレッド
リアルタッチブルー

他コトブキヤのディテールアップパーツを使用しています


P1015425hgv2g.jpg
コアファイター
パーツ差し替えでコアファイターを再現しています

P1015427hgv2g.jpg

P1015431hgv2g.jpg

P1015437hgv2g.jpg
機体下部のディテールをグレーで塗装

hgv2g7.jpg
機首部分は差し替えとなっています
キャノピーはクリアーパーツとなっています
パイロットフィギュアはグレーでのスミ入れとバイザーをリアルタッチブルーで塗装
コックピット内部のコンソールはグレーで塗装

hgv2g8.jpg
変形用の各パーツです
トップファイター用は何もせず
ボトムファイター用は各部を塗装していますが塗装見本が無く、おそらくこんな感じだろうと適当に塗装しています


トップリム(画像ロールオーバーします)

P1015459hgv2g.jpg
トップファイター


画像ロールオーバーします

P1015461hgv2g.jpg

P1015472hgv2g.jpg


ボトムリム(画像ロールオーバーします)
変形用のパーツの裏面も適当に塗装

P1015481hgv2g.jpg
ボトムファイター
大腿部(太もも)のダクト状のディテール(前後)はグレーで塗装しています

P1015485hgv2g.jpg

P1015488hgv2g.jpg

P1015490hgv2g.jpg

hgv2g5.jpg
MS形態

hgv2g6.jpg

hgv2g1.jpg
頭部はフェイス部分(隈取と顎も)も一体成型になっておりセンサー類のみが別パーツとなっています(アンテナも別パーツです)
センサー類は付属のシールを使用
フェイス脇のダクトはダークブルーで、頭部バルカン砲はシルバーで、後頭部のセンサー(画像ないですが)はメタグリーンで塗装
胸部ダクトはイエロー部分は成形段階で組み込まれていますが内部をダークブルーで塗装
腹部の円形のディテールはグレーで塗装
肩のスラスター?ダクト?状のディテールはダークブルーで塗装

hgv2g2.jpg
ミノフスキードライブは貼り合わせるだけのパーツ構成にて合わせ目が目立ちますが色分けされています
ミノフスキードライブ下部(ホワイト部分)、腰部リアアーマーのディテールをダークブルーで塗装

hgv2g3.jpg
腰部サイドアーマーのハードポイントは穴を埋めてコトブキヤのディテールアップパーツを貼ってあります
肘関節はディテールをグレーで円形の部位をレッドで塗装しています
腰部ダクトをダークブルーで塗装、フロントアーマーの円形のディテールをグレーで塗装
膝のディテールをダークブルーで塗装
膝脇のハードポイントは腰部同様に穴を埋めてディテールを追加しています
ちなみに穴埋めはランナーを適当な長さに切り取り、成形したもので行っています

hgv2g4.jpg
足首のディテールをダークブルーで塗装
ハンドパーツは親指以外が可動します
ビームライフルのセンサーはメタグリーンで塗装
上部のセンサーのディテールが欠けていました

P1015350hgv2g.jpg

P1015356hgv2g.jpg
ビームライフル

P1015365hgv2g.jpg
手首は上下から貼り合わせる構成になっているので手背に合わせ目が生じます

P1015529hgv2g.jpg
ビームライフルのバレル部分を回転させることができます
変形機構の恩恵で手首を反らせることができるので両手で構えることもできます
(握っているところがフォアグリップなのかはわかりませんが・・・)
ちなみに手首を回転させることはできません。

P1015384hgv2g.jpg
ビームシールドはMG Vガンダムの物を使用
もちろん普通に取り付けることはできずシールド発生器部分を横向きにして無理やり取り付けています

P1015398hgv2g.jpg
ビームサーベル
確かデザインは同じだったと思うので、こちらもMG Vガンダムの物を使用
ちょうどいいです

P1015401hgv2g.jpg
腰の回転はありません

P1015420hgv2g.jpg

P1015524hgv2g.jpg

P1015373hgv2g.jpg

P1015388hgv2g.jpg

P1015390hgv2g.jpg

P1015416hgv2g.jpg

P1015410hgv2g.jpg

P1015370hgv2ga.jpg

以上HG V2ガンダムでした
Vガンダムより1993年発売のキット、20年前(2013年現在)ですね・・・生まれていない方もいるのではないでしょうか
MG発売以前の物なので当然内部フレームなどの概念もなく組立は非常にシンプル
そのため手足各部に合わせ目が多数存在したり、アーマーの裏などのディテールも無くスカスカ感は否めません
たまたま当たりが悪かったのかもしれませんが、左のミノフスキードライブのパーツの合いが悪く隙間ができてしましまた
カラーリングは色プラを採用しているので意外とがんばっているのではないかと思います
胸部、ミノフスキードライブなどは、すでに色分けされた状態でランナーに付いているので塗装の必要はありません
その他の塗装が必要な部位もダクト、スラスターなどの小さな部分なので比較的簡単に塗装できます
スタイルは大腿部(太もも)が細く、短いのが気になるところなので改修のポイントになるのではないでしょうか
ただ全身のラインはカトキ氏のアニメ用の設定画から大きくかけ離れたものではないので違和感は強くないです
変形は差し替えですがとりあえずすべてのギミックを再現しているのは時代を考慮すれば正直、驚きです
形状も良好でMS時に気になる大腿部も弄ってしまうと変形後の形態にかえって影響を与えてしまうのではないかと思いました
武装については諸事情があり全てそろっていないのでMG Vガンダムのもを使用していますがご了承ください
それでもビームシールドは無理矢理でも雰囲気は良くなったと思います
さすがにアラが目立だちますが発売された時代を考えればしょうがないところ
しかし当時はかなりレベルの高いキットだたのではないかと思われます
個人的には好きなMSの一つでもあり今回組んでみてかなり気に入ってしまい最近のガンプラとともに飾っています
とりあえず1/100のV2ガンダムは現在ではこれしかないので見つけたら手に取ってみてはいかがでしょうか
とは言え早いうちにMG化を希望したいMSですね



fc2rank.gif←click!
:ガンプラ :ガンダム :hg :mg
コメント
言おうと思えば言える事はたくさんあるんですが、それは今は言わなくても良い事になので割愛します。
先週発売されたキットじゃないですからね。
20年前のキットとは思えない完成度です。
特にMS形態はかなり良いのではないかと。
塗装やディティールアップのセンスも光っておりますな。
カッコイイです!
流石です!
RGと比べるとさすがに情報量が少ないですが、HGくらいならいっしょに並べても全く問題なさそうですね。
こういう時代もあったのですね。
ガンプラに歴史ありだなぁ。
私はこの時代は飛んでます。
HGUCから復帰した人なので。
まーくさんへ
実は私もこの時代は飛んでます
というかガンダム?まだやってんの!って感じでした
その後MGで復帰しましたが
発売された時期を考えればもはやしょうがない、と割り切れちゃいます
色分けなんかも意外にしっかりしているので作りやすかったですね
HGUC、MG以前のものでもイイものはまだまだあるのかもしれません














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://zzx82grj0.blog105.fc2.com/tb.php/965-fafa2fe9
ただいま作成中!

20150824_altrongundam_02.jpg

MGアルトロンガンダム作成中!


fc2rank.gif
公式Web
プロフィール

くろしば

Author:くろしば
ファースト、Z世代。
数年前にガンプラに復帰。
素組みでもここまでデキる!。難しいこと一切抜き!基本ガンダムマーカーとニッパー、ときどきデザインナイフ。ガンプラが難しいと感じている方、作りたいけど時間がない社会人、みなさんの心のハードルを下げます。さぁ、あのころのニュータイプたち、ニッパーを片手に立ち上がれ!。